今話題の水素水についてご紹介します!

水素水は他の容器に移し替えてもいいの?

水素水は他の容器に移し替えてもいいの? 優れた抗酸化力を持ち、酸化を防ぐ効果があるとして最近大きな話題を呼んでいるのが水素水です。
いろいろな容器に入ったものが市販されていますが、中でも最も良いのは、アルミパウチ容器に入ったものであると言われています。
なぜなら水素分子は非常に小さく、ペットボトルなどの容器に入ったものの場合、水素が容易に逃げていってしまうからです。
さらに水素水を飲む時、アルミパウチ容器からコップなどの他の容器に移し替えて飲みたいと思う方がいるかもしれません。
もちろん、他の容器に移し替えても水素そのものの効果は同じですが、問題は、他の容器に移した瞬間から水素がどんどん逃げていってしまうということです。
それで仮に水素水を他の容器に移し替えたなら、すぐに飲むようにするようにしましょう。
つまり、水素が逃げていってしまう前に飲み切ってしまうということです。
こうすることによって、水素水の効果を十分に実感できるようになるでしょう。

水素水は温めて飲んでも効果はあらわれる?

水素水は温めて飲んでも効果はあらわれる? 水素水に混ぜられている水素の分子は、非常に軽く小さいので、激しく混ぜたり振ったりすると、水素が空気中に逃げて行ってしまいます。
温めるのもまた同様に、限度を超えると水素が空気中に逃げますので、慎重に温める方が良いです。
水素水を毎日続けるためには、冬場でも飲むことになりますので、温めて飲みたい場合は、湯煎がおすすめです。
電子レンジよりも温度が確認しやすいので、熱くし過ぎて無駄にすることが少ないためです。
目安は人肌程度で、意外と早く温まりますので、その都度確認しながら行う必要があります。
人肌程度では、水素はあまり抜けないと考えられていますので、冷やした状態や常温とそれほど効果に差は無いと言えます。
やり方は、鍋に水を入れ、水を加熱してから火を止めます。
次にコップに入れた水素水をそっと入れ、熱が伝わるのを待つだけです。
もし、アルミパウチの水素水を丸々飲み干すのであれば、同様の手順でアルミパウチごと鍋に入れ、熱が伝わるのを待ちます。
開封してコップに入れて湯煎するよりも、アルミパウチを未開封のまま湯煎する方が、水素は確実に残っています。
直に鍋に入れ、沸騰させるのは絶対にNGです。