今話題の水素水についてご紹介します!

水素水の正しい保管方法

水素水の正しい保管方法 家庭で水素水を保管する場合には、適切な状態に保つことが重要です。ペットボトルに入っている製品や、アルミ缶に封入されている製品、アルミパック式の製品などさまざまな状態で販売されている水素水を見かけますが、そのどの製品であっても直射日光に照らされる場所へ放置する保管方法はあまり良いものとはいえません。
一般的な食品とは異なり、基本的に水素が含まれている水ですので、著しく品質が劣化するという可能性は低いものの、やはり品質保持の観点から直射日光の当たらない涼しい場所で補完するというのがベターです。
水素水サーバーを利用している場合も、ペットボトル製品などと同様に、設置場所は温度が上がりすぎない場所にすることが良いでしょう。
飲用する場合には、常温であっても冷蔵庫で冷やしても良いですが、冷蔵庫で冷たくした水素水を一度に飲み干すと、体調によってはお腹がゆるくなる場合もあります。冷水が苦手な方は、常温での飲用がおすすめです。

水素水は凍らせても効果はある?

水素水は凍らせても効果はある? 最近注目されている水素水。水素は水の中から抜けやすい為、各社容器を工夫したりなど様々な方法がとられています。飲むときに一番効率が良いのが開封後すぐ飲んでしまう事ですが、場合によっては全部飲みきれないなどしてしまうと、後で飲む時には水素がかなり抜けた状態になってしまいます。
いかに水素を効率良く体内へ取り込むかが重要ですが、自宅でも出来る方法として凍らせておくというのがあります。温度が高くなると水に溶けている水素の運動が活発となり、水中から外に逃げようとします。逆に温度が低下すると運動が鈍りその場に留まりやすくなるので、水素水を凍らせる事によって水素が逃げにくくなります。
ここで注意しておきたいのは凍らせると体積が増える事です。容器などによっては凍らせる事で破れてしまう場合があるので気を付けておく必要があります。
膨張した時の逃げ道となる空間を作って置くために少し飲むなどして容量を減らしてから凍らせるなどの工夫をしておくと良いでしょう。